カウンセリングエリアと施術エリアの雰囲気は違う?どんな感じ?

カウンセリングエリアでカウンセリングを終えてから、施術エリアへと移動します。それぞれの雰囲気の違いをレポートしました。
待合スペースは庶民派でしたが・・・・施術エリアも比較的庶民派でした。

管理人マリ

まず、カウンセリングエリアから施術エリアにいく扉がしょぼい。
両開きで、レストランとかでバイトした人とかだと伝わるかな?どっちから押しても簡単に開いてすぐにしまるやつ、あんな感じの扉でした。
入ったらすぐ右手にフィッティングルームでした。左手に行くと施術ルームが並んでいます。

一番奥がめちゃくちゃ明るいので、もしかして屋外に待合があるの?と思えるくらい外が見えた。
他のサロンはちょっと暗めの雰囲気で高級感あったけど、ここは施術スペースも庶民派ですね。

結局その一番奥は、施術する人の待合スペースで景色が見えるように窓が大きく開いていました。
でも山しか見えないですけどね。夜は夜景がきれいそうです。

廊下もさほど広くなく、施術部屋も数は少なそうでした。5部屋くらいかな?
今回は使いませんでしたがサウナやシャワーもあるそうです。トイレは広かったです。

あと狭いのに段差が多すぎる。トイレの中も変なところに段差あったし・・・・無理やりサロンを作った感が満載でした。
だったらもっと庶民派価格にしてほしいナと思ってしまいました。