コラーゲン配合が気になる~

美容雑誌やエステ情報などで、コラーゲンってよく目にするんですけど、いつも透明のプルプルした物を想像していました。料理でのイメージでしょうか。

私たちがよくコラーゲンと呼んでいるものは、コラーゲン線維、膠原線維と言うそうです。

鎖みたいに連なったアミノ酸が、3本束になって螺旋状にからまった線維組織だそうです。なんだか、想像と違いました。

繊維組織だったんですね。

真皮のほとんどを占めているコラーゲンは、例えるとベッドのスプリングのようなものだそうです。

そして、このコラーゲンを随所で留めているのがエラスチンで、さらに張り巡らされたコラーゲンの隙間を、ヒアルロン酸が埋めているそうです。

エラスチンも、ヒアルロン酸も美容情報でよく聞きますよね。

ここが、しっかりと水分を蓄えてプルプルだとお肌に弾力とハリが生まれるということなんでしょうね。

やはり、お肌にはコラーゲンが必要ですね。これからも、コラーゲン配合って書いてあったらとびついてしまいそうです。

sce008

紫外線を予防しよう

そろそろ日差しが気になる季節になってきました。お肌の大敵、紫外線からお肌を守るためにも日焼け止めは欠かせませんよね。

せっかく、ソシエのフェイシャルエステでお肌を整えても紫外線のパワーにやられたら元も子もありません。日焼けをすると、肌がひりひりしてあきらかに肌に悪いのが感じられます。

昔、サンダルを履いていたのですが、足に日焼け止めを塗るのを忘れて、変な日焼けの仕方をした苦い思い出もあります。

その時は、まだまだ若かったですから、日焼けの戻りも早くて良かったですけど、歳を重ねるごとに紫外線対策はきちんとしないとっていう気持ちがでてきました。

紫外線にもいろいろ種類があるらしく、気をつけなければいけないのはUV-A、UV-Bらしいです。

特に、UV-Aは地表に届く紫外線の約95%を占めていて、肌の奥深くの真皮にまで到達するそうです。日焼け止め選ぶ時は、紫外線UV-AやUV-Bを防いでくれるPA、SPFの値に注意して選ぶと良いそうです。